昨年秋に、玄関・廊下のリフォームをしました

私の家は北海道旭川市にあるのですが、築45年と古いので、家のあちこちがリフォームの必要に迫られています。そういった中で、以前から懸案だった、玄関・廊下のリフォームを昨年秋に行いました。

この玄関・廊下については、3年近く前に亡くなった父が生前、リフォームを行いたい意思表示をしていたのですが、その後直ぐに入院してしまい、その後亡くなったので、直ぐにリフォームの工事が出来ませんでした。

また、トイレの漏水が酷くなったために、トイレのリフォームを先に行ったので、玄関・廊下のリフォームは後回しになってしまいました。玄関・廊下については、家が古いというだけでなく、父がパーキンソン病で、歩行が困難だった為に、家の中では台車を押して歩いていたということもあって、玄関の床の沈み方が最も酷かったです。

次いで、父が使っていた部屋の前の廊下が一部床がフワフワとしている箇所が数か所あったので、これ以上の放置はできないと考え、昨年秋にリフォームの業者の方に来て貰うことにしました。

最近友達に教えてもらったサイトを参考にして業者を選びました。※リフォーム旭川

インターネット上のレビューでも、金額が安いといったことも書かれており、トイレの工事を行った際も、支払いについて、年金暮らしでローンの審査が通らない私の家については、現金の2回払いといった融通も効かせて貰えたので、そういった点を総合的にみて依頼することにしました。

最初に来られた営業の方は、玄関・廊下の様子を見て、1.2㎝厚の板を上から貼り付ける工法になるといった説明をされました。そして、廊下と台所を仕切っているドアが閉まらなくなっているので、併せて施工を依頼しましたが、これは、私の部屋のドアと同じ型・カラーのものを取り付けて貰う様に依頼しました。

工期は2日間で行われ、朝から玄関の工事が始まり、框やその他の床板に、明るいメープルの板が敷かれていきました。1日目は、半分近くを施工して終了したのですが、職人さんは、1日目は2人で作業を行い、2日目は1人で作業を行っていました。

2日目の午前で床については終了し、午後からは、ドアの取り替えを行ったのですが、比較的早く終了し、予定通り、工事は2日間で終了しました。

工事完了後に、じっくりと施工箇所を眺めると、玄関・廊下は以前と比べて明るくなり、床が沈んでいる箇所については改善されて良かったというところでした。更にドアについては、落ち着いた、ダークブラウンのドアで、ガラスが天地方向に入ったものを選んだので、以前と感じがかなり異なり、落ち着いた感じになりました。

また、ドアノブについても、ドアノブレバーを使用したので、高級感があるものになって良かったという感じで、バッチリだったと思いました。家に来られた方も、明るくていい感じだと言って喜んでいましたので、もっと早く施工出来たら良かったと思いました。

施工費用は198000円(うち、ドアの施工はは40000円です)を2回に分けて現金で支払い、支払いについては既に終了しています。次のリフォーム箇所も考えていますが、次回も、この業者に依頼することになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です